体のあれこれ 自然素材で快適に

パッチテストってめんどくさい…でも化粧品を使う前にやると安心!

初めて使う化粧品やヘアカラーなどが自分にあうのかどうか、確認していますか?
私は肌が強いと思っているのでほとんど試したことがありません。

ただ最近は、以前平気だったクリームを使うと、なんだか肌にしみたりするようになりました。
加齢のせいなのか、荒れてるだけなのかはわかりません…。

このブログでも、あれこれ試しては紹介していますが、人によっては合わないことも、もちろんあります。

…ということで今日は、パッチテストのやり方についてのメモです。
面白そう…と試される前に、パッチテストを行うようにお願いします <(_ _)>

スポンサーリンク

そもそも、パッチテストってなに?

パッチテストというのは、化粧品などに含まれている薬剤に対してのアレルギー反応の有無を調べる簡単なテストのことをいいます。
化粧品などを初めて使う場合に、事前にテストすることをすすめられています。

肌に合わなかった場合…

■ 赤くなる

■ かぶれる

■ 発疹

■ かゆくなる

…などの症状が現れることがあります。

もともとかぶれやすい体質だったり、体調が悪かったりなどすると、それが原因でかぶれやかゆみがおきる可能性も。

女性の場合は、生理の前後やストレスなどでホルモンのバランスが崩れると、肌の状態も変わることがあります。
初めて使う場合や、今まで大丈夫だったけど自分の状態(体調など)がわからないという時は、パッチテストを行う方が安心です。

パッチテストのやり方

ここでは簡単なパッチテストのやり方を紹介します。

本格的にパッチテストをやりたい!という場合は、皮膚科に受診するときちんとチェックしてもらえます。
より正確な判断を求める時は、皮膚科などで本格的なパッチテストをしてもらうと安心ですね。

おうちでできる簡単パッチテスト

1.入浴後(清潔な状態)、上腕の内側に指で薄く10円玉大に塗り、自然に乾かす。(洗顔料の場合は、3~5分ほど経ったら洗い流す)

2.翌日(24時間後)確かめて、異常がなければ、入浴後にまた同じように上腕内側に薄くぬる。

3.さらに翌日確認して、テスト箇所に何の異常もなければ使用OK!

化粧品をぬった部分は濡らしたり、こすったりして落ちないように気をつけてください。
絆創膏のガーゼ部分にぬってから、目立たないところに貼り付けてもいいですよ。

特に顔だけが敏感肌という場合は、上腕内側のテストで問題がなければ、顔の目立たないところに少量をぬってみて、赤みやかゆみがでないか確認してください。

パッチテストの途中でかゆくなったり、赤くなった場合はすぐに洗い流し、その化粧品の使用は避けます。
何日もかゆみなどの症状が続く時は、その化粧品を持って皮膚科などに受診することをおすすめします。

また、パッチテストを行う時は、肌の変化が大きくなる生理中~生理後1週間くらいは避けたほうが無難です。

試す前に、まずパッチテストをおすすめする記事
ハッカ油を使う時が来た… 使う時の注意をメモメモ
米ぬかは捨てないで~!洗顔に使うとお肌つるつるも夢じゃない!?
米ぬかパックは効果あり?手作り米ぬかパックで目指せ素肌美人!
かゆい~! 蚊に刺されたときのかゆみはこれで解決!
ハッカスプレーでひんやり爽やか~で子ども達も愛用♪ 作り方も簡単!

スポンサーリンク

おしまいに

パッチテストって大切なんですね。
肌が丈夫だからと、何も考えずにホイホイぬっていたので反省しています。
ただ、簡単といっても、ズボラな私には結構ハードルが高いです。
パッチテストしてるのを絶対忘れそう…。

今はまってる米ぬかも、食品だからと安心して使うと、思わぬトラブルが出る可能性もあったんですね。
実際に、肌は丈夫だけど合わなかったって人もいました。

化粧品を替えても、やっぱり肌がかぶれて治らない~!という場合は、化粧品の中に含まれている成分に原因があるかもしれません。
成分表示をみても分からない時は、直接メーカーに問い合わせるか、皮膚科で本格的なパッチテストをされることをおすすめします。
どの成分が原因がわからないと心配で何も使えませんよね…。

転ばぬ先の杖、肌を守るためにも、パッチテストは積極的に行いましょう~!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-体のあれこれ, 自然素材で快適に

Copyright© くらしめも。 , 2019 All Rights Reserved.